座りながら柄を付けられる道具を枠と言います。

昔ながらの枠は布に対して横向きに座り、布の表面がローラーに触ってしまうのが難点でしたが、
オリジナルで作った枠は布に対して縦向きに座れて、布表がローラーに触りません。
仕事しやすいです。

市松に桜のショールも柄を増量してバージョンアップしました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。